レーシックで不正乱視になるリスクと後遺症

レーシックで不正乱視になる原因

レーシックで不正乱視になる原因は、もちろん必ず同じものとは決まっていません。
ただし、手術においてフラップを作成する段階でうまくできなかった場合、きちんとフラップがつかず、ずれたり、しわが生じたりという状態になってしまいます。

また手術前の検査において、角膜の状態をきちんと把握できていない場合にも、手術後に不正乱視になってしまう場合があります。
不正乱視はレーシックにより矯正することもできます。

その他のレーシック後に出る可能性のある症状

レーシック後に出る可能性のある症状としては、ドライアイやハロ、グレアが挙げられます。これらの症状は一時的であることが大半となっています。

近視の戻りは、角膜が元の状態に戻ろうとすることで起きます。クリニックによっては、手術後何年以内であれば再手術が無料となる場合もあります。

→コントラストの低下は、大半の場合3カ月から半年ほどで症状はおさまります。

→角膜拡張症は、強い乱視の状態になる症状です。原因としましては、手術前の検査での角膜の状態をきちんと把握できていない点が挙げられます。

レーシックの手術後にでる症状の中には、一般的に出て治まるものから、技術や事前の検査が十分でないといった点から出るものもあります。

手術経験の多い医師のいるクリニックであることや、実際に行ってみてクリニック内が清潔な状態であるか、医師やスタッフの対応は良いかなどを確認し、安心できるクリニックを選ぶのは必須条件ですね。

Tags: ,

Comments are closed.