イントラレーシックの手術の流れとポイント

イントラレーシックが広まってきたのはごく最近ですので、聞き覚えのない人の方が多いと思います。まず、イントラレーシックの手術の流れを説明すると同時に普通のレーシックとの違いも合わせて説明していきたいと思います。

イントラレーシックの手術の流れ

レーザー手術まず眼を洗浄し、点眼液で局所麻酔をします。ここまでは普通のレーシックと一緒となります。

次に「イントラレーザー」と呼ばれる機械で、眼の角膜を切開してフラップ(角膜のふた)を作ります。この「イントラレーザー」ではレーザー光を使うので、断面が均一で滑らかになります。

コンピューター制御によって行われるので、触れることなく安全かつ正確にフラップを作成することが可能となります。

普通のレーシックでは、「マイクロケラトーム」という電動カンナのような器具を使用するので、若干断面がでこぼこしたり、まれにフラップを戻した時にできる角膜のシワの原因となります。ここが、イントラレーシックと普通のレーシックとの大きな違いです。

後の流れもレーシックと一緒でフラップを作ったら、そのフラップをめくり「エキシマレーザー」というレーザーをそこに照射します。照射が終わるとフラップを戻して洗浄をして終了です。

イントラレーザーの特徴

レーシックでは強度の近視や乱視、角膜が薄くて手術を受けられなかった人もイントラレーシックでは可能です。手術後の視力回復と、はっきりしてクリアな視界が期待されます。

ただ冒頭でも上げたように、最近になって広まってきた方法なので手術例が少なく、時間が過ぎた時に起きる症例など、安全性がまだ十分に確認できていないのが現状になります。

基本的にはレーシックは自由診療の部類になってしまうので、どちらにしてもお金が少しでも戻ってきたら運が良かったとして考えた方が良いと言えるでしょう。

 

Comments are closed.